究極攻略カウンター勝ち勝ちくん

2007年10月14日

機械割について

雑誌によく載っている機械割。あれについて説明します。

機械割とは?と聞かれると説明に困りますね。だってパチンコ業界の用語が結構からんできますので・・・。

では、スロットの方がわかりやすいので、スロットで説明します。
(スロット雑誌が手元にあるのであればわかりやすいと思います)

機械割は100%を超えれば、出玉が増えているので客側の+、
逆に100%を切れば店側が+になります。

高設定になるほど、100%の度合が増えていると思いますが、確率がその数字通りに動くわけではありません!!

あくまでメーカーが発表している数字で、実際は日・客層等により変わります。

ちなみに、僕の店ではジャグラーはメーカー発表よりも辛く動いています。おそらく、目押しが苦手な年配の方が多いためだと思います。

5号機の場合は子役の取りこぼしが損につながっているのが確信できますね。

データの出し方は、アウト枚数(セーフ)÷イン枚数(アウト)

アウト枚数(セーフ)・・・子役が揃った時やボーナス中の払い出し枚数がこれに当たります。台の下皿に出てきたコインの枚数ではありません。(ベルが揃えば10枚なので10、リプレイは払い出しがないですが3枚掛けのリプレイ揃いは3とカウントされます)

イン枚数(アウト)・・・お客さんが打ち込んだコインの枚数。レバーをたたいた時にカウントされます。(1枚掛けでしたらアウト1、3枚掛けでしたらアウト3)

ややこしいとは思いますし、覚えて得することではありませんのであまり気にしないでくださいね。
posted by makoto at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60658847

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。